護身用品専門店 avoid (アボイド) 通販サイト。日本防犯危機回避協会・全日本防犯グッズ協会

輸入商品のため、在庫確認後に納期をご連絡させていてだきます。

催涙スプレー mace(メース)パースモデルポルカドット


1.4%カプサイシノイドを含有
最もつらいOCガス超小型スプレー
80349 Hot Pinkは1.4%カプサイシノイドを含有した法執行機関向けの製品(テイクダウンシリーズ)と同じ辛さを持たせています。
他のPurse Modelは0.66%のカプサイシノイドを含有しています。
例えばニューヨーク州では0.70% を超えるカプサイシノイドは許可されていませんので、メースでは0.66%の催涙スプレーを販売しています。
この0.66%カプサイシノイドは十分な効力があり、ニューヨーク州における警察や
その他の法律で認められた治安執行者の多くは 0.20% のカプサイシノイド入りも使用しています。
この 0.20% という数字は(不必要な)長時間の回復時間を必要としないで、しかも充分な 抑止力があると警察当局により確認済です。
実践テストによれば、0.66%と1.4% の瞬間抑止力には大差は無く違いは回復時間の差であることが明らかに成っています。
0.66% のカプサイシノイドの場合は回復に 30−45分を要し1.4% の場合は優に1時間以上を要します。 

犯人特定につながるUV塗装も付着
ホットピンクは、オレンジ色のOCガスを噴出します。
スプレー溶剤が犯人に付着した場合、オレンジ色のOC溶剤とは別に肉眼では見えませんが
しっかりとUV塗料が付着されています。 この塗料は衣類を何度か洗濯した場合でも完全に取り除くことは容易ではありません。
現場で犯人を取り逃した場合でも、後日犯人を取り押さえることができた場合には、当時着用していた衣類に
ブラックライト(紫外線ライト)を照射すると青色に発色しますので犯人逮捕にも繋がる決定的な証拠となります。
ブラックライトを照射したUV塗料


世界No.1のシェアと品質
メースの催涙スプレー
アメリカで上場しているMace(メース)ブランドは海外ではもっとも広く知られた催涙スプレーメーカーです。
それは世界各国の軍隊や警察に長く使用されていることでも有名ですが、特に法執行機関が使用するスプレーとしてメースが採用されてきたことにあります。
刑務所や特殊警察、警備会社を含めたプロフェッショナルユースの信頼ブランドとして一般の人にも広く知られています。
今ではメースの単語は催涙スプレーを意味する同義語となっています。
メース社の製品は、JR東海やJR東日本のほか、小学校・中学校などを含めた教育委員会の入札の他、保育園や大学でも防犯用品として装備されています。
またカラーボールとともにメースの催涙スプレーを設置している郵便局もあります。

製品仕様

商品名  催涙スプレー mace(メース)パースモデル
内容量  約17g
サイズ  高さ:約12.8cm×幅:約2.3cm
重量  約38g
飛距離  約3m
スプレーパターン  ストリーム状(噴射口から一直線に飛ぶ形状)
カプサイシノイド  約1.4%含有 犯人識別対策に紫外線に発色するUV塗料を含有しています
使用方法  キャップを外して噴射ボタンを押すだけの簡単操作
  • 2,963円(税込3,200円)
カラー

型番 PURSE-MODEL POLKA DOT(ポルカドットカラー)