護身用品専門店 avoid (アボイド) 通販サイト。日本防犯危機回避協会・全日本防犯グッズ協会

輸入商品のため、在庫確認後に納期をご連絡させていてだきます。

グレアブラスター X-105W

グレアブラスター(X-105W)
制圧用として備えたい一品!!

■赤と青の閃光が見るものに吐き気や眩暈を誘発します。
ポケモンをテレビで見ていた子供たちがブラウン管から発せられる強い光の点滅で
一時的に光過敏性発作を起こしたことは良く知られています。
当時はポケモンショックと呼ばれたことは記憶にも新しいことと思います。
X-20WはEN62471 RG-2に認定された強力な光源を使用することで近づいてくる相手に
人工的に眩暈や吐き気、嫌悪感を誘発させることが可能な画期的な新製品です。

■グレアブラスターはどのような効果が得られるのか?
ブレアブラスターは嫌悪反応を誘発するように設計されたLED ベースの抑止力装置です。
その高輝度ライトは視野に黒い斑点を引き起こし網膜の視細胞を漂白します。
さらに、赤と青色のパルスライトは12-15Hz及び50-60Hzの周波数で重なり合い脈動し、
感覚処理システム上で刺激を誘発します。
人間の脳は視覚情報を受信して処理しますが容量は限られています。
感覚の処理システムに負担をかけ過ぎると方向感覚喪失を起こし自動的に嫌悪回答を 誘発します。
不快感はライト光源が消失すると数分後に弱まっていきます。

■グレアブラスターはEN62471Risk Group2に認定された光源を使用しています。
EN62471はLEDを含む、すべてのライトや照明システムのためのヨーロッパの 新しい標準です。
製品の分類は以下に基づいています。
1)紫外線による皮膚や目に対するダメージ
2)近紫外線による皮膚や目に対するダメージ(315nm-400nm)
3)ブルーレイによる網膜に対するダメージ
4)ブルーレイによる網膜に対するダメージ(小型ライト)
5)熱による網膜に対するダメージ
6)弱い視覚刺激熱による網膜に対するダメージ
7)赤外線放射線障害(780nmの-3000nm)による目に対するダメージ
8)熱による(380nmから3000nm)による皮膚に対するダメージ

■EN62471Risk Group2とは
リスクグループ2カテゴリの光源は見る者に対して0.25秒内に嫌悪応答を引き起こします。
典型的な嫌悪反応は、網膜に到達する光の量を制限するために、瞬き、頭の揺れ、
瞳孔および連続眼球運動の狭窄が挙げられます。
グレアブラスターの場合、光源から離れたり目を逸らすことで、
STUNモードによって引き起こされる不快感を軽減することができます。

■感光性てんかんについて
一般的に感光性癲癇は、ほぼすべての発作が閃光であるか明滅している光りで
引き起こされる一種の癲癇とされています。
200万人に対して約3%プラス癲癇を経験する人たちがこのカテゴリーに属されます。
年齢的には7と19才の間が最も一般的で、男の子より女の子に多く影響を及ぼします。
感光性癲癇のある大部分の人々は、16-25Hz(1秒間のフラッシュ/点滅頻度)に対して 特に過敏です。

■グレアブラスターは感光性癲癇を誘発するのか?
ブレアブラスターが光過敏性癲癇を誘発される周波数は15Hz及び50-60Hzで オーバーラップします。
そしてブレアブラスターが嫌悪感を引き起こすことを熟知しておく事は、 大変重要な事になります。
ブレアブラスターは特殊な状況下でのみ使用するデバイスになります。
誤って無関係の人に照射して癲癇を誘発した際には直ちに医療関係者に 相談して下さい。

■リチウム電池の保存
本体に付属するリチウム電池は水、火、高温の近くや、危険物・或いは 可燃性物質近くで保存や保管をしないでください。

■注意事項
継続的にライトを見続けると不快感や光生物学的に危険にさらされます。
グレアブラスターは、訓練を受けた担当者が使用する必要があります。
必ず使用前には必ず取扱説明書をお読みください。
使用しない時はお子様の手の届かない場所に保管してください。
感光性癲癇の症状を持つ人がライトを直視した場合、すぐに片目をカバーし、
光源から背を向ける必要があります。

■注意事項
グレアブラスターは限られた条件下でのみ使用が許されるであろう製品となります。
防犯用品として自衛・護身・警護以外の目的には使用しないで下さい。
悪用または過失による損害が発生した場合は責任を負いません。
  • 54,444円(税込58,800円)

型番 X-105W