護身用品専門店 avoid (アボイド) 通販サイト。日本防犯危機回避協会・全日本防犯グッズ協会

輸入商品のため、在庫確認後に納期をご連絡させていてだきます。

催涙スプレー メース ペッパージェル4010

世界No.1の品質
メース社の催涙スプレー
海外で催涙スプレーは=メースと呼ばれる程、幅広く知られています。
メース社の催涙スプレーは長い間、世界中の軍隊、警察、法執執行機関、治安当局のみに販売されてきました。
一般人への小売を始めたのは1988年以降ですが、その時には既にmaceはトップブランドとして広く世界に知られていました。
2008年には日本でもJR東海の女性職員用の護身スプレーとしてmaceのポケットモデルが選ばれ、全国ニュースで話題となりました。

メース社の歴史・事業案内 メース社の製品特徴

法執行機関が使用するプロ仕様TAKE DOUWNシリーズ
Take Downシリーズは法執行機関向けにメース社が販売している催涙スプレーのブランドです。
1970年にMaceの商標を取得した後、Take Downシリーズは長年にわたって法執行機関やセキュリティ事業者の要求に応える高い品質の製品を提供し続けています。
濃度の高いOCガスを使用したTake Down ExtremeシリーズにはOCジェルとOCストリームがあります。

高濃度のカプサイシノイド
メース社が特許を取得したジェルフォーミュラは従来のOCスプレーよりも格段に優れています。
1.4%の強力なカプサイシノイドの濃度が持つ高いストッピングパワーと粘性のジェルフォーミュラは顔に付着しても流れにくく、フルフェイスやゴーグルを着用した相手にも有効です。
シールドに付着した溶剤は視界を遮り、呼吸器系統からも吸収させることで相手はむせ返ります。

飛距離は4〜6メートルとクラス最高


一般的な催涙スプレーの有効射程距離は約2〜3mですが、ジェルフォーミュラの飛距離はクラス最高で約4〜6m迄到達します。
これは特にナイフや武器を持った相手と対峙するときには大きなアトバンテージになります。
近い距離で噴射すれば、さらに強い噴射圧で相手の顔面に大量に浴びせることが可能です。
屋外で使用するときでも、一直線に飛ぶフォーミュラは風の強い条件下で使用した場合、ブローバックの可能性が低くなります。
一般的な円錐状に広がるコーン型スプレーはどうしても粒子が小さくなるため、風の影響を受けやすく
特に風下から風上に向けて噴射した場合、風が強いと点で戻ってくると言うよりは
円錐状に広がった面で戻ってくる感覚に近くなります。
さらにはメースの催涙スプレーは不燃性なのでスタンガンやライターなどで発火することもありません。
  • 4,167円(税込4,500円)

型番 4010